クレアチニン数値を下げる宅配食事サービス

クレアチニン数値を下げる宅配食事サービス
クレアチニン数値を下げる宅配食事サービスに関係する最新情報を見つけたいなら、クレアチニン数値を下げる宅配食事サービスについて説明しているこのウェブサイトをご覧ください。あなたが知らなかったクレアチニン数値を下げる宅配食事サービスの情報を、他のウェブサイトよりもはっきりとご覧いただくことができるはずです。
TOP PAGE > 腎臓というのは尿を創り体内で不要になった老廃物を体外へ排出する役割がある

腎臓というのは尿を創り体内で不要になった老廃物を体外へ排出する役割がある

近年の問題として、腎機能を悪くする方の増加が挙げられます。

腎臓というのは背中に2つありそこで尿を創り体内で不要になった老廃物を体外へ排出する役割があり、電解質の調整を行ったり、血液が酸性に傾くのを防いだり、血圧の管理であったり赤血球の生成にも関係し、私立ちの体のために重要な役割を担っています。

腎臓の治療は持ちろん病院にきて薬を飲んだり注射をしたりすることが大事ですが、毎日のご飯や生活(自分である程度コントロールできることもあるでしょう)習慣を改めることの方が大切です。

お肉・お魚・たまご・豆腐については一度に多量のたんぱく質(学術用語として表記する場合には、「タンパク質」になります)を摂取してしまいますし、食べ過ぎに注意が必要な食品です。

甘い食べ物の場合でも意外な事に多量のたんぱく質(学術用語として表記する場合には、「タンパク質」になります)が入っています。

お菓子には小豆や牛乳・卵が使われているため、エネルギーが欲しいからと言って一気に食べると、余分なたんぱく質(学術用語として表記する場合には、「タンパク質」になります)を摂取することになるのです。

たとえば、ショートケーキひとつには卵1個程のたんぱく質(学術用語として表記する場合には、「タンパク質」になります)が含有されています。CKDの治療には薬物治療とご飯療法がメインとなり、それらのしっかりした管理がCKDの進行を抑えます。

ご飯療法は減塩・蛋白制限が主となり、減塩食については、高血圧の治療を容易にし、蛋白制限食においては腎機能の抑制についてよい結果が得られています。CKDステージ3の場合、理想とされているのが減塩が一日6g・蛋白制限が体重1kgに対し0.6g、この数値は日本人が一般的に摂取している塩分・蛋白の約半分にあたり、日頃のご飯よりも蛋白制限食は美味しくない、カロリーが取れないなどで、実施に及ばない方も多々見かけます。ご飯で摂取し立たんぱく質(学術用語として表記する場合には、「タンパク質」になります)は、体内で代謝され、不要なものは老廃物となり血液中にたまります。

血液は腎臓に流れて分離された末、要らない老廃物は尿となって体外に排出されます。

過度にたんぱく質(学術用語として表記する場合には、「タンパク質」になります)を摂取すれば、老廃物はそれだけ増えますので、腎臓に与える負荷が増してしまいます。腎機能を正常に保つために、たんぱく質(学術用語として表記する場合には、「タンパク質」になります)の摂取量を抑える必要があります。けれど、たんぱく質(学術用語として表記する場合には、「タンパク質」になります)は人体を動かす重大なエネルギー源となるため、全く摂らない所以にはいけません。

人間の体にとって重要な3大栄養素(ビタミンやミネラル、脂質も健康を保つためには、必要不可欠です)に糖質・たんぱく質(学術用語として表記する場合には、「タンパク質」になります)・脂質があります。糖質と脂質は体内で燃焼されることで水と二酸化炭素に転じるため、腎臓や肺にいつまでも残留する事はありませんが、たんぱく質(学術用語として表記する場合には、「タンパク質」になります)は分解されると7〜8割は窒素を含んだ老廃物となり排泄する際、大なり小なり腎臓に負担が出ます。それ故、たんぱく質(学術用語として表記する場合には、「タンパク質」になります)の摂りすぎは宜しくありません。

健康体であるための最低限のたんぱく質(学術用語として表記する場合には、「タンパク質」になります)摂取量は体重1kg換算0.6g/日であり、一日分に変換した場合30〜40gとなります。

日々のご飯ではいったい何をどれくらい食べたらよいか、どのようにして献立を考えたらよいか、あるいは食塩の抑え方などを指導します。

低たんぱくご飯療法においては、治療用特殊食品の使用がメインとなりますから、治療用特殊食品の紹介や使い方なども教えます。実際に患者さんがどの程度のたんぱく質(学術用語として表記する場合には、「タンパク質」になります)や食塩を体内に取り入れているかをチェックします。

1日24時間の蓄尿の検査から計算します。24時間内に尿へ排泄された尿素窒素やナトリウムの量を調べることで、どの程度たんぱく質(学術用語として表記する場合には、「タンパク質」になります)や食塩を摂っているのかをしることが可能です。

腎臓病時のご飯療法の大元の趣旨は、腎臓病の進行を遅らせることと、健康体のキープとされます。透析の要らない保存期のうちは、ご飯療法をもとに腎不全の進行ペースを抑えられ、結果として透析の導入時期を遅らせられます。また、透析導入後も、なるべく体調を崩さずに透析に望むために、ご飯療法は重要視されます。

もっとも適切な蛋白摂取量は、標準の体重で約0.8g/kgです。

標準の体重を約60kgと仮定すると、蛋白摂取量は、一日におおよそ50g必要となります。たとえば、食品に含まれる蛋白の量をしりたいときは食品標準成分表で確認できます。

これらのご飯療法については、栄養士からのご飯指導で具体的な工夫について指導してもらうことも可能です。

開業医さんの中にはご飯指導が難しい場合もあるので、近くで腎臓内科のある病院を紹介してもらって、専門的な意見をもらってもよいでしょう。

カリウムは水に浸す事で流出するため野菜・芋類は小さめに切ってから茹でこぼし或いは水さらしを済ませてから調理をはじめましょう。茹でた場合に除去できるカリウム量は、食品の分類や調理を実行する際の処理時間や形状・水量により違いが出ます。

例を挙げれば、ほうれん草などの葉茎菜類なら45%、いんげんなどの豆類で約30%除去できます。小さめに切ったり、茹でた後によく水を切ったり、搾るようにすると、より多く除去できます。

腎臓病の中でも慢性腎臓病に関しては、腎機能の改善が望めず、体内のカリウムを体の外へ排泄する力がだんだんと落ちていき、体内へ摂取したカリウムの量と尿へ排出されるカリウムの量を調整しなければならず、これまで摂っていたカリウムの量を減らす必要が出てきます。

野菜や果物のエキスを凝縮した野菜ジュースは、加工していない生の野菜や果物よりもカリウム含有量は極めて高いものが多いです。

仮に、腎機能が正常に働いていない患者さんが、常日頃から野菜ジュースを好んで摂っていると、さらに高カリウム血症の症状が顕れる惧れがあります。

関連する記事はコチラ

Copyright (c) 2014 クレアチニン数値を下げる宅配食事サービス All rights reserved.