南アフリカランドでドルコスト平均法の実践

ドルコスト平均法は古くから投資の世界で評価される投資法で、特にスワップを
目的としたランドの長期投資には非常に向いた方法です。ドルコスト平均法について
簡単に解説します。

例えば投資対象の最初の価格が100円であったとします。それが運用の開始とともに
90円、80円と下落して、ついに半値の50円になり、その後値を戻したものの、
現在80円と元本割れの状態だとします。したがって、最初の100円で一括購入
した人は、現在20%の損失を被っています。

ところが、毎月1万円を機械的に購入している人は、100で100単位の購入、
90円で111単位、80円で125単位、そして50円で200単位の購入と価格が下がれば
下がるほど購入可能な単位数が増えていき、逆に価格が上がると購入する単位数
を抑えていくことから、結果的に平均買付単価が下がっていく寸法(下図参照)です。
安い価格での滞留期間が長ければ長いほど、平均単価を引下げ、購入単位数も
増加することになります。

aaaa.bmp


この投資方法を最大限有効に活用するためにはいくつか注意点があります。
1つめはプラススワップのポジションをとることです、南アフリカランド円で
いうと買いポジションです。長期投資で為替リスクを軽減させる投資手法ですから
時間とともに加算的に金利が上乗せされることが必要です。

2つ目はレバレッジを低めに抑えることです。ドルコスト平均法は損切りをしない
方法になりますので、レバレッジは低めに抑えるべきです。南アフリカランド円で
あれば1倍〜2倍が望ましいと思います。南アフリカランド円よりも変動率の小さな
ドル円やユーロ円を選ぶ場合はもっと高いレバレッジを設定することもできると思います。

3つ目は長期投資だと心得て目先の利益や含み損に動じないということです。
最初にとったポジションが大きくプラス方向に動いて含み益が出た場合、
人は利益を確定したい衝動に駆られます。またマイナス方向に動いた場合、
膨れ上がる含み損とナンピンを厳禁と警鐘する記事に買い増すことを躊躇
してしまいます。相場がプラスに動こうが、マイナスに動こうが淡々と機械的に
ドルコスト平均法のルールに従うことが大切です。


南アランド取引15業者徹底比較 人気NO.1業者はココだ!


  会社名 手数料(スプレッド) スワップ 取引単位 申込み
FXCMジャパン証券 7ppips 極めて高 1万通貨〜 詳細
<<FXCMジャパン証券の特徴として、当サイトがお勧めするポイント>>

業界No.1の高額スワップ金利
FXCMは毎営業日、主要FX各社の提示額を調査・比較した上で、スワップ金利を決定しており、その付与額は他社より10円以上高い値となることも。常に安定して高いスワップ金利を提示していることから 「業界No.1高額スワップ金利=FXCM」の不動の地位を確立しています。

(※スワップポイント狙いで長期投資するならFXCMがお得)

手数料0円+スプレッド2銭!17通貨ペアが5千円から。
取引手数料0円はもちろん、ドル円スプレッド2銭、南ア・ランドスプレッド7銭、など高金利通貨を含む全17通貨ペアが最小5千円から取引可能です。

「100%信託保全+会計監査法人・外部チェック」で抜群の信頼性
SG信託銀行と信託契約を締結し、毎営業日、顧客資産に応じた「信託保全対象額」を上回る金額を信託口座に保全。さらに、会計監査法人による資産の分別管理状況についての外部チェック(検証)を自主的に実施して、抜群の信頼性・透明性を誇っています。

業界屈指の顧客定着率の高さ
注文のカバー先には世界的に信用度の高い金融機関のみを複数選定し、取引システムやサーバを恒常的に強化するなど、安定性の高いサービスを提供しています。また、各種マニュアルの整備やメール・電話応対などのサポート力も業界トップと言われており、顧客定着率の高い業者としても有名です。



MJ(エムジェイ) 2.5pips 普通 1万通貨〜 詳細
<<MJ(エムジェイ)の特徴として、当サイトがお勧めするポイント>>

■MJのセールスポイントとしてはその狭いスプレッドです。 南アフリカランド2.5pipsはダントツの業界最安レートです。 主要6通貨ペアに関しては脅威の固定スプレッドで一歩抜け出ています。 ---------------------------------
USD/JPY 0.8 銭 固定
EUR/JPY 1.5 銭 固定
GBP/JPY 2.2 銭 固定
AUD/JPY 2.5 銭 固定
NZD/JPY 3.0 銭 固定
EUR/USD 0.01¢ 固定
---------------------------------

(※デイトレードなど短期売買投資が多い方はMJ(エムジェイ)がお得)

■南アフリカランドを含む32通貨ペアの取扱はFXCMの17通貨ペアに勝っており 短期投資かつ分散投資を行う方はMJの方が使いやすいかもしれません。
■業界最高峰のスプレッドのみではなく、レバレッジも9種類から選択可能で最大400倍と なっており、多くのトレーダーの投資スタイルに対応可能です。
■顧客の資産管理も万全の信託保全を採用しており保全面も安心できます。
■現金10000円のキャッシュバックキャンペーンも実施中です。



マネーパートナーズ 3.8pips 高い(FXCMにはやや劣る) 1万通貨〜 詳細
<<マネーパートナーズの特徴として、当サイトがお勧めするポイント>>

■マネーパートナーズは南アフリカランドに関して「短期&長期万能型」という印象です。 スワップに関してはFXCMほど高くはないですが他社比で相対的には 高い水準で、スプレッドに関してはMJほど安くないですが3.8pipsと安定して低い水準を提供できています。

(※長期投資も短期投資も併用して行う人はマネーパートナーズがお得です。)

■マネーパートナーズといえばFX専業初の上場企業です。平成19年6月21日に大証ヘラクレスに 外国為替証拠金取引の専業事業者として初めて上場し業界のリーディングカンパニーとして注目されています。

■その他の特徴としては以下が挙げられると思います。 ☆スリッページ、約定拒否のない取引システム/ドル円 取引スプレッド 2pips〜 レバレッジ最大約100倍/専用取引ツールで取引/リアルタイムチャート・テクニカルなど、分析ツールも充実 コラムやニュースなど、取引に役立つ情報が充実

全体として万能型というのがマネーパートナーズの印象です。 初心者の方で投資スタンスを決め切れていない方はマネーパートナーズの口座があれば長期投資も短期投資も対応できます。



セントラル短資 5pips 高い 1万通貨〜 詳細
FX Online Japan 5pips 高い 1万通貨〜 詳細
FXプライム 6pips 高い 1万通貨〜 詳細
外為オンライン 15pips 高い 10万通貨〜 詳細
FXブロードネット 4.1pips 普通 0.1万通貨〜 詳細
※0.1万通貨〜の業者では手数料が安くお勧め。初期投資が30万円以下の方は良いと思います。
ひまわり証券 手数料500円
(8pips)
普通 1万通貨〜 詳細
 >>取扱銘柄・手数料についての詳細を公式ホームページで見る
EMCOM証券 3.5pips やや低い 1万通貨〜 詳細
サイバーエージェントFX 5pips 普通 0.1万通貨〜 詳細
外為どっとコム 手数料500円
(8pips)
高い 0.1万通貨〜 詳細
ヒロセ通商 5pips 普通 0.1万通貨〜 詳細
AFT-FX 6pips やや低い 1万通貨〜 詳細
 >>取扱銘柄・手数料についての詳細を公式ホームページで見る



TOP
南アランド投資のポイント
総合力NO.1はココ
スワップが高い4社
1000通貨〜可能な4社
スプレッド最安はココ
運営者情報・リンク集